自動化による効率化が可能

繰り返される単純業務

生産労働人口が減少の一途を辿る中で、どの業界においても人材獲得競争が熾烈化しています。そのため、少しでも日常業務を効率化して採用スピードを上げたいと考える人事担当者は少なくありません。

しかし、人事担当者は社員の人事異動や組織改編等によって所属・役職名、給与が変わる度に、情報が分散しているいくつものファイルの上書き作業や、健康保険や雇用保険などの各種労務手続きに追われていることが往々にしてあります。本来であれば、採用に係る戦略立案、人材マネジメントや人材配置の最適化などもっと生産的な仕事が待っているにも関わらず、残念ながら多くの時間を失っています。これは経営者にとっても非常に大きな課題となります。

働き方改革と業績改善のツール

こうした状況を解決するために、人材管理システムの活用が有効と言えます。元々、人材管理システムは、社員の人材情報、勤怠・労務管理などを一元的に管理できる点に強みがあるため、人事情報の変更に伴う様々な定型業務を自動化することができます。人材管理システムの導入メリットとしては業務の効率化、作業コストの削減、手続き漏れやヒューマンエラーをシステマティックに防ぐことが可能となります。

また、社員にとって単純業務からの解放は職場環境の改善そのものであり、社員の組織へのエンゲージメント強化に繋がることが期待されます。組織への高いエンゲージメントは、社員の離職を防ぐことができるだけでなく業務の生産性向上となり、結果的に業績改善にも結びつきます。

© Copyright Successful Human Resource. All Rights Reserved.