自宅勤務を取り入れられるのも魅力

仕事に集中して取り組める

自宅勤務は社員が会社と異なる環境で仕事をするので、人事担当は始業や終業時刻の管理を的確に行う必要があります。その管理方法として有効なのが、クラウド対応の人材管理システムです。当システムはネット環境があれば、始業や終業時刻をリルタイムで管理できます。社員側にとっても、場所を選ばずに就労報告が行えるのがメリットです。使用端末はパソコンをはじめ、スマホやタブレットなど、モバイル機器にも対応しています。自宅勤務の社員が何人いたとしても、就労情報の集計は容易となります。自宅勤務では予定外の打ち合わせや会議などがないので、仕事に集中して取り組めるメリットがあります。モバイル端末を使えば、外出先からも必要な情報を入手できます。

離職率の低減にもつながる

人材管理システムを導入することで、営業担当者は会社への出勤頻度や時間を削減できます。そこで生まれた余裕を顧客開拓や既存客への対応に当てることができます。自宅勤務であれば、通勤時間を仕事に当てられるので、仕事の効率が上がります。時間的な余裕が生まれれば、個人生活のゆとりを持てるようになるものです。ライフワークバランスの重要性が叫ばれる昨今、人材管理システムの導入が果たす役割は大きなものがあります。自宅勤務が可能になれば、出産・育児期間中の社員も自宅で仕事ができます。子育てもしやすくなるので、離職率の低減にもつながります。同様に、介護の必要が発生した場合でも、介護を理由に仕事を辞めることがなくなります。

© Copyright Successful Human Resource. All Rights Reserved.